まとめ速報話題の美少女

information
ブログの更新履歴はコチラから 

アクセスランキング
Home >> "1987 FUKUOKA INTERNATIONAL OPEN MARATHON CHANPIONSHIP" の動画ページ >> 前に戻る | サイトマップ |
"1987 FUKUOKA INTERNATIONAL OPEN MARATHON CHANPIONSHIP" の動画はこちら

"1987 FUKUOKA INTERNATIONAL OPEN MARATHON CHANPIONSHIP" について
<日本のマラソンは強かった/1987 FUKUOKA INTERNATIONAL OPEN MARATHON CHAMPIONSHIP> オリンピックの度に繰り返されるマラソンの選考問題。それは1987年福岡国際マラソンから始まった。翌年のソウルオリンピックの一発選考会であったはずの福岡国際マラソンは、その直前、エース瀬古選手の怪我により、突如複数選考会の一つに変更される。さらに、3大会連続代表選出された宗茂選手の引退表明。そんな淀んだ空気を吹き払うようにスタート間もなく中山選手の激走が開始される。5km毎のラップを14分台半ばで刻み、中間点は1時間1分57秒。先日行われた東京マラソンで、中間点付近まで一人アフリカ勢に食らいついた村山選手のチャレンジが話題となったが、この中山選手の中間点の通過記録は、その東京マラソンの記録より約1分早い。29年前、ペースメーカーもまだいない時代に中山選手は東京マラソンの先頭集団よりはるか前方300m以上先を一人激走していたことになる。さらなる驚きは、この中山選手の記録は、2014年にケニアのキメットによって樹立された現在の世界記録2時間2分57秒の中間点の通過記録1時間1分45秒に遅れることわずか12秒。29年前日本人選手の独走により打ち立てられたこの記録は正に驚愕に値する。如何に日本マラソンが強かったのかを物語る具体的データだ。桁外れの世界記録間違い無しと思った途端、ふり続ける冷たい雨が、無情にも豪雨に変わっていく。。。 残念ながら記録達成は成らなかったとは言え見事な優勝。レース後、インタビューに答える中山選手の言葉には、混迷を極める選考会に対する選手としてストレートな気持ちが溢れている。29年前に発せられたこのピュアなランナーに対する言葉に対し、日本陸連は未だ明快な答えを返す事が出来ない状況が続いている。,サイトの説明

"1987 FUKUOKA INTERNATIONAL OPEN MARATHON CHANPIONSHIP" に関連する動画はこちら
の新着記事】
  • 2018センター試験国語解答速報
  • 2018センター試験世界史A解答速報
  • 2018センター試験世界史B解答速報
  • 2018センター試験日本史A解答速報
  • 2018センター試験日本史B解答速報
  • 2018センター試験地理A解答速報
  • 2018センター試験地理B解答速報
  • 2018センター試験現代社会解答速報
  • 2018センター試験倫理解答速報
  • 2018センター試験政治・経済解答速報
  • 2018センター試験倫理,政治・経済解答速報
  • 2018センター試験数学Ⅰ解答速報
  • 2018センター試験数学Ⅰ・数学A解答速報
  • 2018センター試験数学Ⅱ解答速報
  • 2018センター試験数学Ⅱ・数学B解答速報
  • 2018センター試験簿記・会計解答速報
  • 2018センター試験情報関係基礎解答速報
  • 2018センター試験物理基礎解答速報
  • 2018センター試験化学基礎解答速報
  • 2018センター試験生物基礎解答速報
  • 2018センター試験地学基礎解答速報
  • 2018センター試験解答速報
  • 2018センター試験物理解答速報
  • 2018センター試験化学解答速報
  • 2018センター試験生物解答速報
  • 2018センター試験地学解答速報
  • 2018センター試験英語解答速報
  • 2018センター試験ドイツ語解答速報
  • 2018センター試験フランス語解答速報
  • 2018センター試験中国語解答速報
  • 2018センター試験韓国語解答速報
  • 前に戻る